2020.11.1 北九州赴任登山No.18 福岡県英彦山縦走

山行報告

メンバー:T君 伊三雄(投稿)

天気:☀

行程:別所駐車場・・・下宮・・・英彦山神宮中津宮・・・中岳(英彦山神社上宮)・・・英彦山(北岳)・・・中岳・・・南岳・・・鬼杉分岐・・・玉屋神社・・・英彦山神宮・・・別所駐車場

今回は、紅葉を目当てに英彦山に行ってきました。英彦山(ひこさん)は、福岡県田川郡添田町と大分県中津市山国町にまたがる山で北岳・中岳・南岳の3つの峰があり、最高点は南岳(1,199m)にあります。日本百景・日本二百名山で中岳の山頂には英彦山神社の上宮がありますが長年の風雨のためかなり傷んでいました。英彦山神社下宮まで長い階段を登る。神社がある山は、いつも長い階段から始まる。朝8:00と早い時間だったが下宮の社務所に行って御朱印を頂く。(1つ目の目的達成)

修験道の山だけあって要所に祠や神社が出てきてなんか楽しい。登山道を進むにつれて紅葉や楓が赤や黄色に色好きを増してゆく。さすが200名山だ‼

景色を楽しみゆっくり登ると中岳(英彦山神社上宮)だ! ここでお参りを済ませ一段下がった広場で休憩する。

英彦山に来たからには中岳―北岳―南岳を登らなければ意味がない!ということでピストンになるが北岳に向かう。

北岳から中岳に戻り、南岳にへ!

英彦山は岩稜の山で南岳の下りは険しい岩場を下降する。山を奥に進むと紅葉が色鮮やかになり、とても素敵な風景が目の前に現れる。途中、薪を束ねたような不思議な材木石が出てくる。

石のゴロゴロした下りを「まだ降りるのか!」と思っていたら鬼杉が姿を現す。途中何度も立派な杉が出てきたので「これが鬼杉?」などと思っていたが、話にならないほど立派なでっかい杉が出てきた。「流石鬼杉だ」。ここで写真を撮り森林の中を地図を頼りに進む。鬼杉には登山者が何人もいたが僕たちと同じ方面へ行く人はいないようだった。静かな登山道を進むと玉屋神社が出てきた。クライミングしたくなる様な岩に張り付くように建立されている不思議な神社だった。

今回もT君に付き合ってもらいました。見どころ満載の登山を楽しむことが出来ました。九州の山もなかなか楽しめます。

さて、次はどこに行こうかな!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました