2021.2.28 谷川岳月例山行 一・二ノ沢中間稜

山行報告

天候:晴天  

参加:齋藤、塚越、宮崎、平井、穴井(投稿)

コースタイム:2:50登山指導センター→4:00一ノ倉沢出合→4:30中間稜取付
       →9:00左方ルンゼ合流点→11:00東尾根合流→12:00オキの耳→14:25谷川岳ベースプラザ

2月の月例山行、中間稜組の報告です。
当日は快晴の登山日和となり、谷川の雪稜を満喫することができました。

3時に登山指導センターを出発。幽ノ沢ノコ沢組も計画変更して合流し、和気あいあいと林道を歩く。一ノ倉出合いでは東尾根含めて、既に4パーティくらいの先行が見える。準備を済ませて中間稜に一の沢側から取り付きルンゼを尾根まで詰め上げるころには、後続にも4、5パーティくらいヘッデンが確認できた。
大、大盛況の一ノ倉。

左方ルンゼが合流してくるナイフリッジのハイライトまでは簡単な藪尾根から雪稜を延々と進む。雪の状態もそれなりに締まっていて、快調に歩けた。

日の出に照らされる烏帽子沢奥壁と滝沢リッジ。大氷柱は今年はお預けかな。

ハイライトのナイフリッジまでは一箇所ロープを出した。茅ヶ崎は青率が高め?笑

藪尾根を抜けて200mほどでいよいよ核心のナイフリッジ。まずは塚越さんがお手本リードで次のピナクルまで40mほど伸ばす。

天気も良くまったりワイワイガヤガヤと観戦するフォロー陣。

後続は三者一様、全員違うステップで続いてきた。笑
久しぶりに訪れたが絵になるナイフリッジだなーと。

中間のピナクルからは更にもう一ピッチ伸ばして、東尾根側の一人プラトーに合流すれば一安心。
念のためもう1ピッチロープを伸ばし計3ピッチ進んでから畳み、雪稜を200mほど詰めて東尾根の高速道路に合流。

東尾根のハイライト。突き抜けるような蒼い空に雪稜が映えまくっている。

国境稜線直下の岩峰では東尾根組が頑張っていました。渋滞していたので我々は右のルンゼから巻いた。

雪庇を抜けるとダイレクトにオキノ耳へ飛び出す。人、人、人でこちらも大盛況でした。

来年もまた登りましょう~!

コメント

タイトルとURLをコピーしました