2021.3.17唐沢岳幕岩左方ルンゼ

山行報告

メンバー:齋藤(ゆ)(投稿)、M(他会)

コースタイム:0330葛温泉ゲートー0440高瀬ダムー0720大町の宿ー(違う沢に入る)ー0830B沢出合ー0910左方ルンゼ取付ー1340左方ルンゼ終了点ー1540下降終了左方ルンゼ取付ー1815高瀬ダムー1940葛温泉ゲート

シーズン初めに教えてもらったこのルート。昨シーズンまではほとんどアイスをやったことがなかったけれど、このアルパインアイスに惹かれ、今シーズンはアイスを頑張ってみました。結構行ったつもりだったけど、数えてみれば4回くらいか(笑)。友人を誘い、満を持しての?チャレンジです。

近くのコンビニで2時間程仮眠をして3:30に葛温泉ゲートを出発。友人も私も次の日は絶対に休めない仕事だったので意地でも帰ってこようと超早出。無で車道を歩き高瀬ダムに到着。

唐沢に入って30分程で噂の梯子に到着。例年は飛び石で梯子まで行けるのかな、今回は目覚めの渡渉でした。膝下と聞いていたのにがっつり膝上でもう絶叫。膝下長すぎだろ。

梯子からすぐに金時の滝、右岸巻き。

そこからは黙々と沢沿いを歩く。明るくなってきて振り返ると北アルプスの何かが見えてきた。テンション上がる!

トレースをたどって、ワシの滝を通過し大町の宿に。そしてそのまま上に伸びるトレースを追ってしまい、違うルンゼに入ってしまう。左手に正面壁が見えてきてあれ違う、、。ワシの滝まで戻り、滝の左岸をトラバース、B沢に入った。ここで1時間程のロス。B沢はトレースが無く、デブリにずぼずぼ足をとられる。

30分程で左方ルンゼ出合へ。F2が見えた、先輩のブログにあったよりもだいぶ狭い。

1P目 Mリード

2P目 Mリード

最初私がリードで行くも、バーチカル部分までくると遠くでも見るよりも迫力が数段増した。右半分は下に亀裂が入っていて、とれるのは左の1ラインのみ。そこは「つらら集まりました」という感じでアックスで叩くとからーんとつららが落ち絶望。下を見つめてMくんにチェンジです。アイスは久しぶりらしいけど、ノーテンで超えてくれました。

3P目 齋藤リード50m

F2を超えて時間を見てみるとなんと12時過ぎ。14時までには下降開始しようと決め、どうしても上まで行きたかったのでそこからがんがんロープを伸ばしました。3P目は、簡単な小滝を超えてアイス交じりの雪壁。息を上げながら後ろを振り返ると、高瀬ダムと北アルプスが見えテンション上がります。これが見たかったー!写真は終了点を上から。

4P目 Mトップで同時登攀120m?

もはや何m伸ばしたか分からないけどここでかなり巻いた気がする。

5P目 齋藤リード50m+10m

最後もアイス交じりの雪壁を超えて左岸の灌木で終了。

13時40分トップアウト。なんとか上まで行けた!あぁまじで嬉しい、、。

他パーティーもいないので同ルート下降。懸垂6Pで取付へ。B沢の上部からは落石の音も聞こえ、デブリだらけの上を歩くのはあまり気持ちの良いものではなかった。唐沢まで一気に下って一息いれる。

あとは唐沢を下るだけだ~とふわふわ歩いていると渡渉の存在を思い出す。帰りも絶叫です。

薄暗くなる頃に高瀬ダムに到着。堰堤が見えた時は、嬉しさとほっとしたのとでなんか解き放たれた。ダムからは真っ暗なトンネルをしゃべりながらだらだら歩いて19時40分にゲート到着。

今シーズンの目標にしていたアイスルート。結果、F2はフォローでスクリュー回収すらテンションかけないと出来ない始末。自分の力不足を痛感しました、悔しい。それでも、上まで行けたのはかなり嬉しかった。日帰りだとだいぶ歩くので満足度も高め。付き合ってくれた友人に感謝です。

来シーズンまた頑張ろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました