2021.3.20 滝谷第2尾根 P2フランケ早大ルート

山行報告

天候:晴れ→吹雪→雨  

参加:T石(会員外)、K峰(会員外)、穴井(投稿)

コースタイム:4:30新穂高 7:00滝谷出合 11:30早大ルート取付 16:30P2頭 21:30新穂高

2月の米子で挨拶を交わしたツヨツヨのT石さんから冬壁のお誘いがあり3名で行ってきました。
もう1名は今月のR&Sで見かけたばかりのツヨツヨクライマー、K峰さん。直前まで天気に左右されてワンデー日帰り山行となったが、初めての滝谷を満喫できました。

前夜発で高尾山に集合。新穂高まで交代で運転して向かったが路肩に雪がない。2時間ほど仮眠して4:30アプローチ開始。林道に入ると去年よりしっかり雪があり、締まっていて歩きやすかった。

雄滝は雪で埋まっていて、念のためスクリューを持ってきたが使うことなくノーアイゼンですんなりアプローチできた。

雄滝を超えると左からA沢、B沢が出合い、正面にドームが聳える。C沢から先は思ったより地形が複雑そうだ。K峰さんも冬の滝谷は初めてのことであれが~尾根でこっちが~尾根かと話が弾む。

B沢に入って1時間もかからず右側にP2フランケが見えてくる。中央の顕著な凹角を辿る芝工大ルートに取り付いているパーティが見えた。北穂小屋からB沢下降でアプローチしたようだ。早大ルートは右側カンテ脇のクラックから中央ピナクルを辿るライン。一段上がって左からバンドをトラバースして取り付いた。

バンドから取り付きまで少し悪いので念の為、10mほどロープを伸ばしてトラバース。

1ピッチ目、K峰リード(20m)
誰がどのピッチをリードするかとなったが、特にWebに記録もないのでそのままK峰さんがリードでスタート。広めのフィストサイズでアイゼンは入らず、露出感のある悪いピッチをしっかりリードしていった。さすが14トラッドクライマーだ。
左に聳える1尾根も良く見て取れ、こちらも魅力的で楽しめそう。

2ピッチ目、穴井リード(45m)
被った凹角から、上部はフェースを経てワイドチムニーを辿り肩の大テラスに出る。狭いチムニー内で向きを変えようしたらカムが引っ掛かり外すのに苦労。危うくチョックストーンと化すところだった。大テラスからは次のピッチが見えないので、更にフェースを登り目指す頭のピナクルが見える位置でピッチを切った。

3ピッチ目 T石リード(60m)
岩に走るリスにトルキング、フッキングをよく効かせて凹角から小ハングを超えて頭上のピナクルまで直上。ここまでフィストジャムからアームバー、チキンウィングとクラック三昧の内容だったがようやく滝谷にイメージしていた感じのピッチだった。

フォローが続く頃には予報通り一気に吹雪いてきたので急いで登る。浮石多数で所々岩は崩れるが十分に楽しめた。

吹雪の中、P2の頭に出て無事完登~。50mロープなら4~5ピッチか。夏は落石がとてもやばそう。
風も出てきたのでP1を右に巻いてC沢をとっとと下降。
避難小屋あたりから雨に変わり、帰りは踏み抜き地獄だったが21:30新穂高着。ワンデーなら土日どちらかでも天気が持てば登れるから良いですね。早く降りれたから次の日はフリーでもと思ったけど雨予報だったのを忘れていた。。
また来シーズンよろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました