2021.11.6 谷川 南稜

山行報告

メンバー 濱野・上荒磯

天気   あっぱれ日本晴れ

タイム  5:15駐車場~6:30一ノ倉沢出合~7:50取付き~終了点11:00~13:00一ノ倉岳~16:30駐車場

谷川を登って紅葉が見たい。3ルンゼに行きたい。10/18の谷川初冠雪以降、天気や積雪情報をチェックしていた。好天が続き溶ける事を期待していたが、山頂付近は積雪が残り、前日も山頂は降雪。10月末の中央稜登攀の記録を見つけ、行った事がない南陵を計画する。

題名「一ノ倉と対峙する君は、何を想う」  

    「おなか空いた~、雪さむそ」じゃない事を祈る・・・

モルゲンなんちゃら狙いのカメラマンは多いが、出合にはクライマーはおらず。先をいそぐ。

テールリッジへの下降点にも人おらず。快調に進む。中央稜、変チを越え南稜テラスへ。どの壁を見ても誰もいない。まさかの「一ノ倉沢独り占め」だった。何も気にせず、ゆっくりのんびり支度する。

1P目チムニー上まで、はるちゃんリード。

ジオラマモードで撮影。ボケまくる・・・

日陰のチムニー登攀で古傷の小指が冷える。状態確認の指示が飛ぶ。「指、ついてます~!」

落石の心配もなく、自由にのんびりと登る。聞こえるのは、互いの掛け声だけ。

馬の背リッジを行く米粒はるか彼方。

あっというまに最終ピッチの垂壁へ。お互いA0することなく完登できてよかった!           ※下に見える2つの雪渓の間が本谷F1だ。

「後ろに見えるのがホワイトチョコマウンテンでございます~♪」

「こちらが新発売のチョコマウンテンでございます~♪」

登攀終了後、終了点にて。

靴をはき替えザイルをしまい小休憩後、国境稜線をめざす。踏み跡を辿り20~30分で変チから国境稜線への踏み跡に合流。前回も歩いているので安心していたが、思った以上の積雪で慎重に行く。

やまとわたし

無事、一ノ倉岳へ。紅葉どころか雪山だ・・・

雪うさぎ

何はともあれ無事登頂。おつかれさま♪

今回は時間も早いため西黒尾根で下山。

紅葉は逃したけど、雪化粧した谷川もきれいでした。

極寒の予想は外れぽかぽか陽気。静かで落ち着いた雰囲気の中、ゆったりと谷川を味わえた、そんな山行となりました。

                                       おわり

コメント

タイトルとURLをコピーしました