2022.2.12-13 米子不動アイス アナコンダ・コブラ・黒滝

山行報告

参加者:穴井L、久野、小林大(投稿)

2/12(土):車止め(4:00)~テント場(7:00)~アナコンダ・コブラ~テント場(18:30)
2/13(日):テント場(5:00)~黒滝~テント場(12:00)~車止め(15:00)

2月の3連休は米子不動にアイスクライミングに行ってきました。当初3日予定でしたが久野さんが急遽金曜日に仕事になり、2日間での山行。地元が長野で夏は来たことありましたが、冬はこんなクライマーのパラダイスになっているとは!

初日23時発で関越を飛ばし、朝4時に車止めに到着。「テント場まで車で入れるかも!」って情報もありましたが、ウチのトヨタ・ライズでは全然無理。。テント場まで徒歩3時間のアプローチ(ランドクルーザーはテント場まで入れてました)。

テント設置後に膝上のラッセルで「味とも」へアプローチするも、下部の氷結がイマイチでアナコンダへ転身。ここのトラバースもラッセル。

アナコンダへ取付き、1P目小林リードさせてもらい、快適なフェース登攀。2P目は久野さんリード、新調したアイゼンG20で核心のバーティカルを登る。3P目は穴井さんがリードし終了点へ。途中残置のV字スレッド使い60mダブルロープで2回の懸垂下降で取付きへ下降。

アナコンダが終わり既に時間は15時過ぎ。。帰って酒を飲んでもいっかー、なんて思いつつも気合を入れ直してコブラへ取付きました。1P目穴井さんリード。歪な形に発達した株の左の弱点を突き、ダイナミックなフォームで登っていく。ちょうど中間でビレイし、2P目は小林がリード。ここもすっきりとしたフェースで登りやすく終了点へ。結果、日暮れ前に下降出来ました!夜はスキヤキを食べて20時就寝。

2日目は3時半に起床し、5時出発。目指すは黒滝。1時間のアプローチで到着し、6時半から登攀開始。

1P目は小林リード。約40mひたすらバーティカル。途中でテンション入れて休んでしまったので、来年のリベンジを誓う。2P目は穴井さんリードだが、ここでアクシデント。片足のアイゼンのトーベイルが破損!急遽ここでピッチを切り、3P目の久野さんへリード交代。3P目は前日のコブラ1P目同様に歪に発達した氷で難しめ。片足アイゼン無しの穴井さん、気合で3P目を登ってきました!

ちなみに、翌週2/19も懲りずにまた黒滝を登りましたが、右側の1段上がった場所から登り始めると、60mロープぎりぎりで1P目と2P目を繋げて登ることが出来ました。

了後テント撤収後、下山。湯っ蔵んどで温泉に入り、味ともで食事して帰りました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました