2022.8.7西丹沢ヤビキ沢左俣右沢

山行報告

参加者:中西、他1名

山域:西丹沢 檜洞丸方面

天候:曇り、暑い(-_-;)

行程:7:30西丹沢ビジターセンター~つつじ新道8:40ゴーラ沢出合~9:00入渓~10:15右沢涸棚

   ~13:00石棚山稜登山道~14:30板小屋沢の頭~作業道~15:40西丹沢ビジターセンター

装備:50mロープ、ハーケン、カム1番2番 靴はラバー

丹沢でヒルがいなくて自分が行ける沢ということでヤビキ沢に行ってきましたがアプローチ下山共に

長く暑い夏にはお勧め出来ない沢でした。(-_-;)

 久しぶりの西丹沢は路肩駐車スペースがことごとく封鎖されており有料駐車場よろしくの

ローカル政治力を感じたのは自分だけだろうか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

檜洞丸に向かう つつじ新道登山道でゴーラ沢まで進みます。

途中ビジターセンターに直接行ける分岐があることを発見、いつの間にかこんな道が出来ているとは・・・。

暑い中、お疲れ様でしたゴーラ沢出合です。すでに沢でひと泳ぎしたくらい汗で服は濡れている。

ここで沢装備を装着、すぐ右にある沢がヤビキ沢です。

堰堤2本を越え、暫くゴーロ歩き、ただただ熱い💦

やっと出てきた綺麗なナメ、水は思ったより冷たい、水量少ないので寝そべって涼む。

これがまた短くまたゴーロで暑い(-_-;)

そしてまたナメという感じ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この滝は登れそうもないので左の枝沢から巻いた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここまではあっという間です。滝を巻き涸れ気味の沢を進むと時期に二股が現れ完全に水は涸れる今回は右沢を進みます。こちらの方が多少登攀気味なのと詰めが楽そうなのでチョイス。

ここからが長かった。あちー

すぐに涸棚があらわれる。ここから観ると短くしか見えないが奥に棚は続いている。

最初はフリーで上りそこからロープを出し50mのばす。残置は無。ハーケンとカム1番2番あたりが使える。登り切ったところでビレイ支点は岩でとる。

最後の棚は取り付いてみるも自分には登れそうもなく右に逃げ結局巻いた。

じきに右側の細い沢に入り詰めはザレで多少悪い。適当に左側尾根に取り付くがザレのナイフリッジにぶち当たったりして結構時間がかかってしまった。

石棚山稜の登山道にでました。下山は暫く登山道を進み板小屋沢の頭から作業道でビジターセンターに戻りました。少し距離あるけど作業道は目印のペンキがしっかりついており歩きやすかった。

登山道より少しはショートカットできるだろう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後はビジターセンター前の祠にでます。

センターの方に「こんな暑い日になんでそんなとこ行ったの」くらいに言われてしまいました。

心の中で「ダイエットをしたかったんだ・・・。」

最後は夏休み満喫のちびっ子とビキニのお母さんたちに紛れ沢で戯れて帰りました。

おしまい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました