2022/12/30-31 霞沢岳 西尾根

山行報告

参加者 塚越、宮崎、嶋、平島(記)

年末の山行は当初、西穂高岳西尾根を予定していたが、天候を懸念して霞沢岳に転進。

出発は坂巻温泉8:00過ぎ。

釜トンネル前の冬山登山相談所へ登山届を提出。相談所の方々の話によると、霞沢岳西尾根には既に4~5パーティほど入山しているとのこと。

釜トンネル、そして上高地トンネルを通過し、上高地へ踏み入る。

上高地トンネルを抜けるとすぐに霞沢岳西尾根への分岐へトレースが伸びていた。

最初から急登

トレースを使わせてもらってツボ足で登って行ったが、途中でワカンを装着。しかし、すぐに雪が浅い急斜面になりアイゼンに履き替えることになってしまう。そしてひたすら急坂を登る。

12時過ぎ、山岳会で過去に幕営した2170m付近で4テンを張れるだけの平坦地を探し、本日の行動終了。2100mを過ぎると良い幕場は少なくなるが、なかなか良いところに張れてよかった。

テントの中にもぐりこんだはいいものの、寝る時間まではまだまだ時間あり。今回は前回の阿弥陀岳南稜で酔いつぶれた失敗を活かし自分は酒を持ってこなかったのだが、今回は塚越さんと宮崎さんが潰れていた。潰れるのが自分だけでないのだと安心(?)した。

夕食の餃子鍋、朝食のそば、美味しかった。宮崎さん、食事当番ありがとうございます。

あと、宴会で印象に残ったのは嶋さんの山装備軽量化の話。装備やルートなどよく学んでいて、自分も見習わなければと痛感・・・。

なお、今回、会で買ったばかりのファイントラックのテントをお試し使用。小さくて軽いと喜んでいたのだが、かなり寒いことが判明。中で火を焚いても寒い。冬山で使うには内張が必要だと思われる。夏山用とした方が良さそう。

翌日は4時起き、6時前発。ヘッ電歩きでスタート。前日の急坂で苦しそうにしていた嶋さんであったが、この日、重荷を置いた嶋さんは先頭でガンガン歩き、引っ張って行ってくれました。

徐々に朝が明け、地平線がオレンジ色に。乗鞍岳、穂高岳、焼岳、笠ヶ岳・・・モルゲンロートに染まる山々を木々の隙間から覗きながら歩く。

穂高岳を望む

今回の山行の核心の岩場はフィックスロープが3本まとまって下げられており、これでバランスを取りながら登った。

フィックスロープのある岩場
岩場の上
朝日に染まる穂高岳
もう山頂が近い
山頂に到着

素晴らしい景色。塚越さんの天候判断や予備日を使った日程調整などのお陰で、晴天の霞沢岳を堪能することができました。

そして下り。下りは例の岩場で下りと登りと大渋滞。他のパーティーの通過を待ち、懸垂下降で降りる。

長い長い下りと車道歩きを経て、無事に下山。

坂巻温泉で温まって、石挽十割そば ものぐさ太郎で腹を満たす。漬物、馬刺し、そば、山賊焼きも絶品でした。良いお店。

富士山での雪上訓練、阿弥陀岳南鐐での訓練、そしてこの霞沢岳西尾根と企画してくださった塚越さん、そして他のメンバーにも感謝してもしきれません!新参者にこんな良い体験をさせていただき、有難うございました。

次は八ヶ岳の合宿ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました