2023/1/9 赤岳主稜

山行報告

参加者:嶋、鈴木、平井、濵田

八ヶ岳合宿3日目。本日は以前から興味のあった赤岳主稜に4人で行ってきました。

主稜へのトライは、嶋さん・濵田は今回が初めてで、平井さんは2回目。鈴木さんはこれで何回目なのだろうか??

朝は渋滞を避けるために5時出発。

早く起きた甲斐もあって、ほぼ待ちのない快適な登攀ができました。

早朝に見る阿弥陀岳は、どこか海外の山のよう

先発、鈴木さん・嶋さんペア、後発、平井さん・濵田ペアで登攀開始。

じゃんけんで負けたので1ピッチ目のリードは平井さんに。ちょっと悔しい笑

核心と聞いていた1ピッチ目のチョックストーンは、鈴木さん、嶋さんともにあっさりと抜けていった。

そんなに難しくないのかなぁと思い、いざ取り付いてみると、雪面に打ち込んだアックスを信じて、這い上がるワンムーブがいやらしい。

ヨイショ、っと一瞬頑張れば抜けられるのだが、なんだか岩に試されている気分。

アイゼンで削れてできたスタンスから、このルートの人気さが感じ取れました。

2ピッチ目では落石を起こしそうで少しヒヤヒヤしましたが、反面、その後の雪稜はとても快適でした。

上部の岩場では、鈴木さんに続いて壁が立った左抜けのラインへ。右のラインよりは恐らく難しめで、ルート後半の適度なスパイスとなりました。

嶋さんは、上部のムーブで困ったと言っていましたが、見た限りではあまり迷わず登っていってました笑

前日の石尊稜でも思いましたが、嶋さんは登るのが結構速い!アルパインではスピードが安全に繋がる点も多いので、嶋さんを見習って簡単な所は素早くこなせるようになりたいです。

最後、ルートを抜ける直前になってから、急激に風が強くなってきたので、朝早く出て良かったなーと感じた一日でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました