2024.01.14 黒戸尾根〜甲斐駒ヶ岳

山行報告
  • メンバー:H、H、S
  • 行程:4:15 尾白川渓谷P〜 6:25 笹の平分岐〜 8:05 刃渡り〜9:55 七丈小屋 10:20 〜11:20 八合目(二本剱)〜 12:20 甲斐駒ヶ岳 12:30 〜 13:50 七丈小屋 14:05 〜 15:35 刃渡り〜 17:35 尾白川渓谷P(下山)

トレーニング目的でワンデイ黒戸尾根へ。

日帰りプランを提案された際、冬の日帰りで登頂なんて不可能でしょ…と思い、私は8合目の二本剱までを目標に出発。

1合目までが長くつまらない道である事は記憶していたので、途中で絶対に地図アプリは開かないと決めて真っ暗な中をひたすら無で歩く。

足元は枯葉が積もった上に僅かに雪が積もった程度なので、夏道と大差ない。

笹の平を過ぎた頃から徐々に東の空が明るくなり、1合目に到着した時には山が赤く染まっていた。樹林の隙間なので、よい景色が眺められないのが残念。ただ、ひたすら黙々と歩みをすすめる。

東の空が赤く染まり始める
周囲の山が赤く染まる@1合目

刃渡りでやっと360度景色が見渡せる。この日は快晴、どこの山もハッピー登山者がいっぱいだろうな。

富士山と鳳凰三山
刃渡り

刃渡り以降は五合目に向けて下り、そこから七丈小屋に向けての垂直方向の登り返しとなる。 ダラダラ長い樹林帯歩きより断然楽しい。

足が疲れペースダウンし始めた頃、七丈小屋に到着。この日は花谷さんツアーが開催されているらしいが、小屋周辺はあまり登山者もなく静か。

ここでアイゼン、ピッケル、ヘルメットを装着し、出発しようとした所へ花谷さんツアーが下ってきた。『今日は最高の山日和、楽しんできて!』と爽やか笑顔で送りだして頂いた。

12:30の登頂を目指して歩き出すも足が重くて全くペースが上がらない。メンズには私のことは気にせず登頂してきて欲しいと伝えたが、8合目に着いたら山頂が目の前に見えたので、多少の遅れはあるものの時間いっぱいは山頂を目指す事に…

二本剱(八合目ご来光スポット)

12時頃、H田さん登頂、約10分後にH島さん登頂、そして私も12:20に登頂。 風も少なく山頂からの眺めは最高!! ここからの景色は何度も見ているけれど、雪をまとった山々の方が断然キレイだと思う。

3人もれなく甲斐駒ヶ岳登頂!雪少なすぎ。

記念撮影したら、ここで前日、フレンチシェフ主催のお料理教室でお土産に頂いた「ガレット・デ・ロワ」のパイを補給食として3人で頂く。冷たいながらも激ウマ!美味しいモノを食べると元気になれるミラクル。

こんな写真しかアップできず、シェフに申し訳ないが、とんでもなく美味しい事に変わりはない。

下山開始時点で、全員の足に痛みが出始めていたので、私は足が攣らない程度にマイペース歩き、刃渡りからは3人で下山し、なんとか17:30 駒ヶ根神社に下山(行動時間 13時間20分)。

ヤマレコ記録より、予想通りの行程時間だった

今回、H田さんが予想した通りの行程で進んだのはすごい! ムリしないゆっくりペースで歩き続け、休憩は少なめに…で達成できてしまうとは!!

想像以上に充実した良いトレーニングとなりました。そして、最近ろくに山歩きをしていなかった私にとっては若者と大差なくこの行程をこなせた事でまだ大丈夫…、と今まで抱えていた不安を少しだけ払拭できました。笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました