2021/5/4 宝剣岳 中央ルンゼ群青ルート

山行報告
  • 期日: 2021/5/4
  • 参加者: 平井、濵田
  • 天候: 快晴
  • 行程: 0830千畳敷駅-1030下部氷瀑取付-1130トンネルホール核心部-1515千畳敷駅

スポーツルート的なミックスクライミングというものをやってみたく、GWの貴重な晴れ間を狙って宝剣岳に行ってまいりました。

ラインは宝剣のど真ん中のルンゼ状を行く。フォトジェニックなカールの雪景色に我々のビビットなピンクのロープがやたら映える。写真家からは顰蹙を買いそうだ。行動の一部始終は下から筒抜け。群青を目指すパーティーは珍しいらしく、下山後には観客らにやたら感想を求められ、ちょっといい気分⁈

登山道からのトラバース〜下部2ピッチはコンテで行く。

ルンゼを行き止まりまで詰めると右手に核心部のM8マイナスが現れる。左のスラブ状も絶妙にクラックやリスが走っており興味深い。

あれ終了点のスリングがあるって聞いたけど、、

核心部は110度ほど?に前傾した壁に走るクラックを右上。見た目は地味だし短いが、ホールドのかかりは良いので大胆なムーブが試せて楽しい。

ハーケンが数本打ってあるが、信頼性には欠けると思う…。少なくとも自分はそれのみで突っ込む勇気は湧かずカムを連打。結果的に激しくパンプ。傾斜が辛い……。

2人で交代でトライするが、マントルを返すムーブが定まらずここで撤退。

まだまだ修行が足りないということか…。アプローチは近いし、リベンジに来ることを誓い、定番の?ソースかつ丼を食べて帰りました。

  • 核心部ではC0.2〜1が1セットあれば有効に感じた
  • 核心を抜けたあとはイボイノシシが必要?

記: 平井

コメント

タイトルとURLをコピーしました