2020-06-27,28 中央アルプス/正沢川細尾沢

山行報告
  • 期日:2020-06-27,28
  • 山域:中央アルプス
  • ルート:正沢川細尾沢 →木曽駒ケ岳
  • 参加者:宮崎、中村(投稿)
  • 天候
    6/27 晴れ。夜中から雨
    6/28 朝、雨。9時頃雨止む。14時頃晴れ。15時頃、一時雨。
  • 行程
    △6/27
    駐車場・こがら登山口 7:458:50 正沢川・入渓 — 10:00 細尾沢・出合 — 11:30 大滝/高巻き — 12:15 高巻きから沢に戻る — 12:55 行動終了/幕営

    △6/28
    出発 7:0011:00 木曽駒・山頂 11:3013:20 七合目避難小屋 — 15:50 駐車場・こがら登山口

概要

  • 上部に雪渓が残っているので、水が冷たい。
  • 水量は多い。正沢川は巨岩と渡渉。
  • 水中の岩の滑りはない。ラバーソールが効くんじゃないか。
  • 大滝の高巻き(ルンゼ)あり
  • 中部は小滝、ナメ滝がありきれい。
  • ツメ(木曽駒直下)はガレガレ。不安定な岩が多い。

6/27

木曽駒高原スキー場・跡地に駐車し、こがら登山口から茶臼山方面へ向かう。

正沢川手前の道標

正沢川は水量が多く、渡渉の連続。少し深い一歩を越せば行けるような渡渉。
だた、水が冷たいのにはビックリ。

正沢川の激流

細尾沢出合

ナメ滝。左岸を行った。滑る。

大滝。右奥のルンゼを高巻く

ルンゼの高巻き

高巻き。ここはザイル出した。難しくないが滑っていて不安定な岩あり。

堰堤みたいに見えるが自然岩。この辺から左側の尾根状へ入る。

水量、多い。
水、冷たい。

青い空と緑のコントラストがきれい

小滝

小滝を越す

ビバーク地点、標高2100m辺り
クロスオーバードーム泊。雨でも中、大丈夫だった。

6/28

夜からの雨で沢は10㎝くらい増水している。
少し濁っているが、この先、渡渉するような個所はないので少し時刻を遅らせて出発する。
宮崎さんは増水に対して大変心配していた。

元々水量多いが更に多い。

雨も小雨になり。
沢の分岐は大体、右側を行く。

上部、雪渓だらけ。
雪渓
の斜度は大したことないので、雪渓上を歩いたり、脇を通過したりした。

ナメがきれい(晴れていれば)

雪解けの新緑

ツメはガレガレ

少し晴れてきた

木曽駒、山頂

玉の窪小屋

七合目避難小屋
きれいな小屋だ

木曽駒からの下りは「福島Bコース」を行く。
湧き水、雪渓あり。
人通りは少ないが整備はよくされている。
幸の川の渡渉点には橋が無かった。
渡渉点から先は車が通れる様な林道(崩壊個所あり)。
木曽駒からの下りは結構疲れた~。

ビバーク地点から山頂までは増水と雪渓で予定より時間がかかった。
ツメのガレガレは大きな岩でも浮いて(不安定)いるので気を使う。
ルート中、難しい個所は高巻きの滑った岩かな。
きれいなナメ滝、小滝が印象的な沢でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました