2020/7/19 大雪山旭岳(北海道)

山行報告
  • 期日:2020/7/19
  • 山域:北海道大雪山
  • ルート:旭岳
  • 参加者:渡邉、安波
  • 天候:晴れ
  • 行程:旭岳登山口-大雪山旭岳ロープウェイ-旭岳-中岳温泉-姿見平

自粛明け、ぼちぼち山に登り始めた。連休をとったものの、本州はまだ梅雨真っ只中。行きたいところはあるけれど、どこも雨。。。晴れているところ、、、北海道?あれ?飛行機もレンタカーも安い?そんなこんなで北海道へ。

前日は旭岳登山口近くにある、東川町青少年野営場へテント泊。一泊一人500円。トイレも水場もきれいで、とっても平で快適なキャンプ場だった。車の横付けはできないが、リヤカーがあるので問題なし。

高山植物のハイシーズンなので、ハイキングや親子連れの観光客もたくさん。ロープウェイは結構賑わっていた。ロープウェイ姿見駅へ降りると「カムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)」と言われる別世界が広がっていた。

チングルマの群生やエゾノツガザクラ、アオノツガザクラ、イソツツジなどのお花畑を堪能。満月池や夫婦池といった名前のついた池もあれば、遠くに名もなき?池もいくつか見えた。姿見ノ池ではちょうど風がなくなり、きれいな逆さ旭岳を拝むことができた。

たっぷりの日差しとお花畑を堪能し、次の目的地旭岳へ。姿見の池を過ぎ登山道に入ると、もう森林限界を超えた様子。ざらざらスナスナしていてなんとなく富士山を思い出す。溶岩の固まったゴツゴツした岩も転がっていた。

2時間足らずで旭岳(2290.9m)へ到着。

次の目的地、中岳温泉を目指す。旭岳からすぐ雪渓が出てきたが、特に問題はなくノーアイゼンでOK。8月まで雪渓が残るらしい。下った先に裏旭キャンプ指定地あり。お花畑の中から旭岳を望む素晴らしい立地だった。

その後はまたお花畑の広がる牧歌的な景色の中を進んでいく。まさに神々の遊ぶ庭と言う名がふさわしい。

だだっ広い山頂の間宮岳を経て中岳温泉へ。結構熱めの湯が湧いているが、沢の水がすぐに流れ込んでいるため、適温箇所は少ない。ここは足湯のみ。疲れた体に温泉が染み渡った。

温泉の後はチングルマの大群落地へ。どこまでも続く白と緑の絨毯が広がっていた。ガスってきて残念な気もしたが、幻想的な雰囲気が味わえた。

夢のような世界に後ろ髪を惹かれながら下山。人生で上位ににランクインする絶景を見ることができて本当によかった。
気兼ねなく遠出ができる日がまた戻りますように。

*****おまけ*****

◎富良野のラベンダーも最盛期でした!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました