20210207 武尊山スキー(敗退)

山行報告

エリア:武尊山

ルート:宝台樹スキー場Top → 手小屋沢避難小屋(引き返し) → スキー場駐車場

参加者:忍足L、塚越さん、加藤さん、奥田(投稿)

天候:晴れのち雪

行程:8:30 スキー場駐車場ー10:00スキー場Top―12:30手小屋沢避難小屋―15:00スキー場駐車場

ゲレンデトップからの山スキーをしようという事で宝台樹スキー場から武尊山ルートをチャレンジしに行きました。

最初から誤算でしたが、一回券を購入するだけでこの行列! 人多い!

結局ゲレンデTOPには10:00頃になってしまいましたが、他の方が颯爽と滑り下りるのを横目にシールを装着、ビーコンチェックして出発です。

道中ほぼ樹林帯を行く、天気は良く!気持ちよい!

稜線沿いルートですが、トレースも無くなり皆初めてのルートの為GPSで現在位置を確認しながら進みました。

絶景!
トラバース中
休憩

小屋までの道のりは思ってたよりもアップダウンがきつく、特に下りは慎重に進んだ。

ウォークモードで滑るのもテクニックが必要ですね

急な坂を下りてGPS上避難小屋と思われる場所に到着

小屋どこでしょう?

ここから武尊山への本格的な登りになるはずでしたが、時間や天候を考慮して引き返す事に

降りて来た坂を登り返し、稜線に出て滑り下りるポイントを探る。

結果的に名倉沢へ繋がるのでせっかくだから北沿いに向かってから降りましょうと提案。

理由は誰も滑って無いだろう=パウダー祭りと予想していたわけですが、これが失敗。

北に向かえば向うほど雪質が悪くなり、表面ガリガリの重雪に脚を取られ奥田が樹に激突、板が外れ樹に引っ掛かりリーシュを付けていた事で片足でぶら下がったような姿勢に・・。結果なかなか身動きが取れず苦しんでいた所を加藤さんに助けてもらいました。ありがとうございます。一人BCはやめておいた方がいいな と改めて思いました。

雪質が良い所まで戻ってから気持ちよく皆で滑り下りましたけど場所によってこんなにも違うとは

テクニック不足!

沢はボコボコ滑りにくく、休み休みでゲレンデに復帰

その頃には雪がしんしんと降り、明日はよさそうだなーとか皆で話ながら帰り仕度

〆は塚越さんお勧めの温泉(貸切!)で汗を流してから帰りました。

同行した皆さま終始笑顔で楽しかったです、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました