2021/9/5 米子沢

山行報告
  • 期日: 2021/9/5
  • 参加者: 吉武、平井
  • 天候: 晴れ/小雨
  • 山域: 巻機山
  • 行程: 桜坂駐車場0755-0810堰堤-0855スラブ状ナメ沢出合-1015上部ゴルジュ入口-1240避難小屋1405-1415ニセ巻機山-1630駐車場

国境の長いトンネルを抜けると晴れていた。目の前がパッと明るくなった!

北日本以外は雨模様だった今週末。みなかみ過ぎてもまだ雨が降っていて、今回は自分予報外れたかなーと思っていたら、新潟入るとなんとまあ一転して沢日和な感じに。

デート沢美渓として大人気の米子沢。全体を通して初心者はロープ無いとちょっと怖いかな?と思いました。丹沢の初級沢よりは少し厳し目でしょうか。

われわれの場合は….、おしゃれ魔女の相方は強さも兼ね揃えた真の山ガールだし問題なく。ロープは持ってきたが全てフリーで抜けられました。

林道から明瞭な踏み跡をたどり河原に出ると直ぐに見える堰堤が入口。

序盤は退屈な河原歩き。遠くに見えるナメ滝との合流手前までは水流も無く水が恋しい。

二俣から先はしばらく右岸高巻き。巻道はピンクテープがあるなど登山道なみに明瞭。きのこ博士のまなか氏はいつもキノコ見つけてはすかさず駆け寄り撮りまくる。

これは赤まなたけ
こちらは白まなたけ
ちなみに撮影中に邪魔すると割と本気で怒られるこわい

巻道が終わると小滝が続く。少しクセのある滝も現れる。場合によってはロープやエイドが必要か。↓の滝は水流沿いをジャミングまたは左壁も登れる。残置ハーケン有り。

小滝を登っていくと右岸から幅広17メートルが現れる開けた出合へ。

密かに流行りの(?)ランドネ風その1

沢は右に折れてゴルジュ帯に突入。ゴルジュは意外と本格的、ルーファイミスるとちょっと大変かもしれない。

ここからゴルジュへ
左壁から水流を横切り右側を登る

15メートル滝を登るとナメがはじまる

左右それぞれ分かれて登った

だんだん緩やかな流れへと変化していき、ハイライトの天空へと続くナメ!!

まるで天国への階段のようだ!しかしスリップして落ちたら止まらず本当に天国行きになりそうだ!

丹沢の鬱蒼とした沢登ばかりだった自分にとって、この開放的な渓相は実に新鮮。

天国への階段を上がるとそこは天国だった。木いちごや花畑が広がる小川で成る程さすがデート沢だ。(断じてデートでは無い)

隣でめちゃきれーいとしきりに呟いてたが、全くその通りだ

右俣は侵入禁止でトラロープあり。左俣を詰めると意外に深い釜を持つ小滝に出会うがこれは行き過ぎ。

少し戻ると非常に明瞭な小道があり詰めは一瞬。すぐに避難小屋が見える。

ランドネ風その2

避難小屋はすこし暗いがきれい。恒例のお茶会を今回は欠かさず、のんびり下山。

帰りは雷鳴とどろき今にも雨が降りそうな雰囲気のなか、相変わらずキノコ撮りまくる博士‥‥。

森でキノコを見つけると赤ちゃん見つけた気持ちになるとか
中にはとんでもないデカさのbabyも‥

無事にまともに雨に降られず行程を終え、駐車場を後にしたその時、バケツひっくり返したような雷雨がキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 今回は珍しく運にも恵まれました。

夏の終わりと秋の到来を予感させる空気のなか、名渓の噂に違わぬ豊かな渓相美にとても爽やかな気持ちになりました。巻機、すてき。

記: 平井

コメント

タイトルとURLをコピーしました