2023.10.25-26 丸山東壁登研ルート

山行報告

クライミングするきっかけを与えてくれたパートナーにお付き合いいただき初めて丸山東壁へ行ってまいりました。平日ということもあり、緑ルートをソロで登攀している方以外は誰もおらず快適でしたがルートは早々に敗退となりました。

参加者:久野+知人

初日はアプローチと偵察のみの予定としたため、遅めに出発。

10/25:黒部ダム12:00-丸山東壁基部14:30

10/26:登研ルート取付き07:00-2P目開始08:15-2P目途中で敗退09:30

ルート全景、アプローチのルンゼ内に壁から剝がされた支点やスリングが山のように転がっていた。

1P目:Ⅲ、A1

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1P目を上から

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1P目終了点

2P目:Ⅲ、A1、1P目もⅢとあったがそれよりも悪く感じた

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2P目の敗退ポイント、2023年6月の記録ではこのブランクセクションを奮闘的な登攀で突破されていたが、残置無し、支点も最低でも10mくらいは取れなさそうな状況で傾斜強め(写真では伝わりにくいが)の草付きに突っ込む勇気がもてず僅か2ピッチで敗退。。パートナーは全然気にもせず許してくれたがルート選定が甘く反省。。

丸山東壁は支点が毎年のように雪崩等で失われていくため残置は少なく残っている支点も脆い印象を受けた。ダムから1.5時間程度のアプローチでこのスケールの岩を登れるためもっと皆んな行けばよいのに、と感じた岩場でした。別ルートにすると思うが来年も登りにきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました