2020年8月2日  バイクツーリングと筑波山(100名山)登頂

山行報告

晴天自宅(オートバイ)⇒首都高⇒常磐自動車道⇒矢田部IC⇒一般道⇒薬王院登山コース入口駐車場・・・薬王院コース出合・・・太郎山(坊主山)・・・薬王院コース分岐・・・筑波山山頂駅・・・男体山・・・筑波山山頂駅・・・女体山・・・筑波山山頂駅・・・筑波山神社・・・一般道・・・薬王院登山コース入口駐車場⇒オートバイ⇒下山

昨年11月にアキレス腱断裂とコロナウイルスの影響もあり8ヶ月以上も登山から遠ざかり体重が4Kgも増加した。コロナの影響で山に行けなかったときに整備したオートバイの状況確認も兼ねてツーリングと足慣らしのため、まだ登ったことのない筑波山を計画した。

ツーリングはスマートホンのGoogleマップを頼りに首都高から常磐自動車道を快調に走り景色を堪能して楽しんだ。

ケーブルカー山頂駅から男体山まで15分程度、一般客をかき分けて頂上を目指す。下から登山道を登ってくる登山者はほとんどなく、ケーブルカーやロープウェイで来る人がほとんどだった。登山道は下部は針葉樹のうっそうとした森林と粘土質の登山道で暗い雰囲気あった。山頂近くになると広葉樹に代わり雰囲気が良くなってくる。

  • ケーブルカー頂上駅

次は女体山へすすむ。こちらが筑波山の本当の山頂である。一般客と混じってゆっくり山頂を目指す。やはり女体山の方が展望がよく迫力があり美しい。男体山に登った一般客はここで満足して女体山に登らず帰って行く、もったいない。

女体山山頂と女体山からの展望である。先ほど登ってきた男体山もよく見える。ケーブルカー山頂駅に戻りテレビで見た頂上駅名物の筑波うどん食べて下山することにした。酸味が少しあり越しのあるうどんですっごく美味しかった。汁も全部飲み干し、アイスクリームも食べて、満足!

下山は筑波神社に向けて降りることにした。帰りの運賃をケチった登山客が筑波神社(駐車場)に向けて登山道を下山しているが、思った以上に急坂で皆、かなり苦労していた。たぶん運賃をケチったことを後悔しているのではないだろうか?自分もアキレス腱を切ってから2回目の登山のためアキレス腱を切った左足首痛と左足を無意識にかばって右足に無理な力がかかり大昔に陥没骨折した踵が痛くなってきた。ストックをフルに使い何とか筑波神社についた。

ここからオートバイのある薬王院登山コース入口駐車場まではスマホのGoogleマップを頼りに2時間かけて戻った。帰りはオートバイで景色を楽しみながらのんびり帰り16:00に帰宅した。やっぱり山はいい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました