2021/2/13-14仙丈ヶ岳 三峰川岳沢

山行報告
  • 期日: 2021-2-13〜14
  • 山域: 仙丈ヶ岳
  • ルート: 三峰川岳沢
  • 参加者: L上荒磯、平井(投稿)
  • 天候: 晴れ
  • 行程: ○2/13(土) 0130圏央厚木IC-大曲駐車場0540-0700丸山谷出合-0820南沢二俣-0910営林所跡-1255岳沢越-1400岳沢出合-1600F1-1640F3-1720F4-1900F5幕営地点                   ○2/14(日) 0430起床-0620幕営地点発-0730F8ソーメン流し取付1030-1220奥の二俣-1400大仙丈ヶ岳-1450仙丈ヶ岳-1800松峯小屋-2300柏木登山口

2泊3日で行くパーティーが多いというこのルートだが、パートナーが「そんなに休みとれない!」とか言うので2dayで強行することに。

「身体的・精神的に相当なものが求められる」と何処かで読んだので、メンタル弱弱な私は行く前から戦々恐々。結果的にはそんな想像を凌ぐタフな山行となりました。

初日はF5まで到達できなければ敗退するというお約束の下、アイスクライミングのビッグルートに挑戦してきました。

○day1

大曲駐車場は数台分のスペース。以前は丸山谷出合まで車で入れたようだが、林道崩壊の影響により駐車場の目の前からゲートで封鎖されている。

谷を越えて山を越えた先に仙丈ヶ岳を望む。出合へは三峰川(みぶがわ)沿いの林道を1時間ほど歩く。

丸山谷への分岐は少しわかりづらい。出合〜丸山谷は10分ほど。

丸山谷。ここから南沢を行く。発電所がある広々とした土地だがキャンプは禁止。

南沢の二俣までの道は荒れており悪い。両岸を右往左往しながら進む。道は滑りやすいうえに渡渉は頻繁にあるので、転倒と水没に注意!

途中、何本か氷瀑を目にする。敗退したらこの辺り登って帰ろうかと冗談を言うが、本当にそうならなくて良かった。

二俣は顕著な分岐だが、本流に進まないよう注意。左の沢に入る。分岐から15分ほどで登攀困難な二段滝。これは右岸の斜面から巻く。崩れており悪いが、斜面途中に赤布付きの小道があるのを発見し合流。どこから続いていたのかは不明。

二俣から1時間ほどで営林所跡地。さらに10分ほどで二段滝があるが、右岸から用意に巻ける。

程なくして二俣?三俣?中央のやや狭い沢に入るのが正解だが、赤布が巻いてあるので迷うことは無いはず。

ここから先はトポにある「二段、Ⅱ級程度の滝」らしきものがいくつかあり、分岐も多いが、素直に明るい方へ詰めて行けばOK。

トポにある二段滝。準備が面倒なので右岸よりやや急な斜面から巻くが、赤布とトラロープがあり親切。

自分達は……、見事に勘違いして別の沢筋を詰めてしまっていた!幸いトラバース+懸垂下降一本で本流に戻れたが、2時間弱のロス。。。

すでに時刻は12時をまわり、時間的に本日中のF5到達は厳しくなってきたと感じ、念のためパートナーにこのまま進むか確認するが、愚問だった笑。とりあえず行けるところまで行くことにする。

岳沢越え付近。「猛烈な倒木潜りとなる」とあったが、今回は積雪の影響でむしろ倒木跨ぎだった。

岳沢越えからは暗い樹林帯を赤布を目標に降りる。このあたりから岳沢の全貌が望める。

岳沢出合は幕営適地。昼過ぎの到着だったので、ここからF1までは雪が腐っており、ひたすら辛いラッセルを強いられた。

岳沢出合〜F1。途中、雪崩と思われる轟音が山全体に響いた。デブリが至るところにあり、両岸を見渡すと確かにいつなだれて来てもおかしくは無さそう。

すでに8時間以上の山越えアプローチからのラッセルはさすがに疲れた!雪崩への警戒に加えて日没も迫り、精神的・体力的にちょっと余裕が無くなってきた。

出合から約2時間かけてようやくF1。半分くらい埋まっていたのでフリー。続くF2は完全に埋まっており行方不明(笑)

しばらく進み右岸に氷柱を望むと、沢は右に折れ、F3が出現。

氷の要塞のようなF3。見た目は威圧的だが、弱点をつけば比較的容易。

ハルカさんリード。中央右から左上。1ピッチ50メートルで突破。

F3を抜けるとすぐにF4が現れる。F3の終了点から、つるべでそのまま平井リード。

F4。この辺りからは高度感も出て、中央アルプスが一望できる。夕陽が素晴らしい。

左のラインを登るが、出だし5mくらいが垂直で核心。リードが抜けたところで日が沈み、暗闇の中フォローを待つ。

F5もおそらく行方不明。ほぼ満身創痍のなか寝床を探すが、岩小屋の下に絶好の幕営適地を発見!

雪崩の心配は無さそうだし、ほとんど整地の必要もなかった。

相方が持ってきたウイスキーでとりあえず祝杯。軽量化を多少犠牲にしつつも酒は外さない辺りはさすが。ただハイボール用に氷を口に咥えながら登っていたようだが、フォールした時に落として残念そうにしていた笑。

○day2

2日目は日の出と共にスタート。岩壁を左から巻くとすぐにF6、F7。フリーで越える。

F7を越えると遂にハイライトのF8ソーメン流し!! 1ピッチ目はハルカさんリード。左の岩壁の残置ハーケンでビレイ。

F8下部。見た目より立っており、やや苦戦しながらも50メートルいっぱいで突破。

2ピッチ目は平井リード。どこを登っても出だし10メートルくらいは垂直に近い。ここまで全装を背負っての登攀はそれほど苦には感じていなかったが、念のためこのピッチのみ荷揚することに。

空身は軽い!高度感も相まって宙に浮くような爽快感。だが、楽しんだ代償に2人分の荷揚はしんどかった…。50メートルギリギリで右の立木でビレイ。

F9?F10??下から見ると結構デカい。。

その先のF9、F10の氷結は良好。思いの外発達していたが、ラインを選べばⅡ〜Ⅲ級程度なのでフリー。だが落ちたら終わりなので慎重に登る。

F11?くらいまで登ると奥の二俣。ハサミ状の岩を目印に左に行く。上部の詰めはどこを登っても同じ?美しい雪渓を詰めるが、再び雪が腐りラッセルに。すでに疲労困憊でメンタル的にもキツく正念場だった。

稜線に出てからはガレ場を詰めるが、不安定かつ不明瞭で少し悪い。

14時、大仙丈ヶ岳山頂。ここから1時間かけてようやく仙丈ヶ岳山頂!

相方は泣きそうと言っていたが、自分は泣くエネルギーすら無かった。。

山頂はまさに大パノラマ!!日本の1、2、3が左から綺麗に並んでいるのも見える。

下山は戸台方面が使えるか不明なので地蔵尾根から降りる。ここから8時間のコースタイム。しかし今や仙丈に至るメインルートのようで、トレースはハッキリ。おまけに赤布や新しい標識で丁寧に整備されていた。

地蔵岳付近で日没。キレイな夕陽に疲れた身体が癒されたが……。

迷うことは無いはずと鷹を括っていたら、穴沢ノ頭の手前辺りから深いラッセルに……。どうやら林道から登山道への分岐を見失ったようで、帰りも2時間近くのアルバイト。。

もはや割とスムーズだった岳沢の登攀はついでで、アプローチと下山がメインなのではと思えてきた笑

個人的には2日間の行程で4回くらいの山行をこなしたような内容の濃さだった。割と本気で何度かダメだと思ったが、パートナーにも助けられて、やり遂げられた達成感はこの先も忘れないでしょう。

長いけど、いいルートだった!もう一回やるかと言われれば微妙だけど(2泊3日ならやるかも)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました