2021/1/31 月例山行 尾白川渓谷: 岩間ルンゼ・ガンガノ沢

山行報告
  • 期日: 2021年1月31日
  • 山域: 甲斐駒ヶ岳尾白川下流域
  • ルート: 岩間ルンゼ/ガンガノ沢錦滝
  • 参加者: L塚越、久米、上荒磯/ L宮崎、濱野、平井(投稿)
  • 天候: 晴れ
  • 行程: 0630矢立石駐車場-0730錦滝-岩間ルンゼ取付(2.5h)終了点-1230ガンガノ沢錦滝-1730矢立石駐車場

月例山行・2日目日帰り組は、林道途中のゲート前に駐車し、前日組と合流すべく日の出前に出発。

道路はギリギリ凍結してなかったので、チェーン無しで行けた。

テント場のある錦滝までは1時間弱の林道歩き。

甲斐駒ヶ岳がよく見える。一部崩壊しているが歩きやすく眺望の良い林道。

錦滝の東屋付近で前日組と合流し、ルートを決めて出発。刃渡り沢チームはアプローチが遠いとのことで、ずいぶん早く出発したようだ。

目当ての錦滝は午前中は日が当たり、氷結が甘くなるとのことで、昼過ぎから取り付くことに。まずはガンマルンゼへ。取付は東屋から10分ほど。

1ピッチ目、Ⅲ〜Ⅳ級程度。よくトップロープで練習に使われるようだ。抜け口の左にビレイ点があったが、立木も豊富。

2ピッチ目。写真は下降中。

1ピッチ目以降はしばらく歩き。2ピッチ目は出だしが立っている痩せた氷柱。鈍い音を響かせて登る。

しばらく歩くと巨岩が行く手を阻む。先行した塚越さんパーティーのトレースが消えて不思議に思ったが....、、

内部はトンネルになっており、氷瀑も上に続いていた!事前にろくに調べず来たので新鮮な驚き。

岩間(ガンマ)ってそういうことかーと妙に納得。単にベータルンゼとの語呂合わせかと思ってた。

以降も歩きがメイン。所々氷瀑になっているが、特に難しい箇所もなくサクサク進める。

下降は同ルートを懸垂下降。60メートル4回ほどで降りられた。

左上の立木が終了点。

そして目当てのガンガノ沢へ。東屋でゆっくり昼休憩を取りつつ、久米さんの錦滝トライを皆で見守る。

出だしが核心。抜け口中央の立木まで登る。

久米さんは見事、テンションかけずに登りきった!!それを見て自分も負けてられないと俄然やる気が出る。フラッシュに成功!

錦滝Ⅴ+。氷結は割と良く、しかも段々になっており登りやすかった!塚越さん曰くⅤ級マイナスマイナスくらい笑。

その後はトップロープを張り、色々なラインで練習。右端のラインはちょっと難し目。中央は水流をもろに浴び迫力のあるクライミングが楽しめた笑

アプローチ至便でさまざまなルートが程よく楽しめる良いエリアでした!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました